桜(ソメイヨシノ)の歴史について少し語ってみた

投稿日:2019年4月8日 更新日:

何処にでもある桜の木。皆さんもお花見に行かれたことがあるのではないでしょうか。そもそもお花見という慣習そして、なぜ梅や桃ではくなのか疑問に思ったことはないですか。

 

人工的に出来た品種

ソメイヨシノは、江戸時代末期に今の東京都豊島区駒込(当時は染井村)の植木の職人さんが育成した品種です。

明治時代に全国に広がり学校や公園、川沿いに植えられました。

実はクローンだったということを最近になって知りました。

ソメイヨシノは種で増やすことができないそうで、接ぎ木や挿し木で人の手によって増やすそうです。よくわかりませんが、一斉に開花するということは元々同じDNAから作られているからでしょうか?

ソメイヨシノ(染井吉野)の他にヤエザクラ(八重桜)エドヒガン(江戸彼岸)シダレザクラ(枝垂桜)ヒカンザクラ(緋寒桜)カンザクラ(寒桜)マメザクラ(豆桜)フユザクラ(冬桜)と他にもあるようで野生種、園芸品種を合わせると約600品種もあるとのことで驚きです。

今も品種改良によって新しい品種が生まれているようです。

 

お花見の歴史

そういえば今年もお花見のニュースが報道されていましたね。

 

お花見の歴史を遡ると、奈良時代の梅を鑑賞する行事が起源だとか。

貴族の嗜みだったようで「万葉集」には梅に関する歌が多く詠まれており平安時代以降、桜の花見に変わっていったようです。

江戸時代になると庶民の間にもこの花見というものが広がっていきます。

八代将軍徳川吉宗が江戸の各地に桜の植樹を盛んに行ったことで全国に広がっていったようです。庶民に花見を奨励したのだとか。

海外でも、全米桜祭りには百万人以上の人が訪れるようでこれは、明治終わりに日本から友好の証として米国の首都ワシントンD.C.贈られた桜がきっかけとなっていますね。そのお礼として送られた花がハナミズキだそうで、今では日本中でみられます。

 

 

桜が人に及ぼす効果

日本人に一番愛されている木、そんな桜のピンク色にはリラックス効果があるそうでクマリンと呼ばれる物質を含む上品な香りを醸し出しています。

 

リラックス効果のほか殺菌効果もあり、木から発せられる香りにフィンドッチという成分があり体内に取り入れると血液に入り脳の受容体を高め精神が安定する効果があるそうです。

 

さくらんぼが出来るのか?

ソメイヨシノを見てさくらんぼが出来ないのは何故だろう?と思ったことないですか?

正確には実はなるようですが食べれたものではないようです。

因みに食用さくらんぼ(和名で桜桃(おうとう))が出来るのは「シナミザクラ」「シナミザクラ」と呼ばれる種類のもので、有名な佐藤錦は寒い地域で育てられているセイヨウミザクラの品種の一つだそうです。

「シナミザクラ」は酸味が強く市場に流通しているのは「シナミザクラ」なのかな?

 

 

 

最後に

最近みんなでお花見行っていないなぁ.....私以外の家族全員が花粉症ということもあって。

ということで、一人桜を見に休日近所の川原に行ってきました。桜吹雪がとてもキレイで日本に生まれてきたことをありがたく感じました。

花粉症でお花見を拒否している人はこの美しさを見れないのていうのは勿体ないなぁと思います。

-花と自然

関連記事

菜の花は、青菜・菜の花・ 菜種と名前が変わる

成長により名前が変わる 菜の花は、油菜(アブラナ)と言われ元々野菜、そして油を採取するために栽培されてきた作物で、成長段階により 青菜(アオナ)→ 菜の花(ナノハナ) → 菜種(ナタネ)と名前が変わる …

田舎の方ではいまだに残る樹木崇拝や信仰。「その木には、神さんが宿っとる!」

古い木や大きな木に何とも言えない存在感を感じたことはないでしょうか。何かの「いわく」があるのでは?と思うような感じや何故か近くにいると気分が良くなったり、前向きになったりするような感覚を覚えたらそれは …

水仙の葉はニラの葉とよく似ている。とはいえ間違えて食う奴はいるのか?

私の祖母がニラと水仙の葉を間違って食べて死んだ人がいると言っていました。 いやいや、そんな人いないでしょ!? と、思っていたのですが調べてみると事例がありましたのでその辺り含めてご紹介します。 &nb …

水生植物で作るビオトープの作り方

  水鉢を使った小型のコンパクトなビオトープをつくり、癒されてみませんか? ストレスを軽減させリラックス効果をもたらし心身を癒してくれる小さな世界です。 準備するものは水鉢などの容れ物と底床 …

芝桜-意外と手間がかからない管理が楽ちんな植物

春になると色鮮やかに咲く芝桜。地面いっぱいにカラフルな色で咲いていますね。 農業公園などに行くと広大な敷地に「これでもか」というぐらい植えられています。 さぞ、管理や植え付けが大変だろうなと思いきや調 …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT