酢漿草 (かたばみ)について少し語ってみた

投稿日:2019年4月15日 更新日:

生態について

黄色く可愛い花ですが残念なことに雑草扱いされています。

明るい場所を好み天気の悪い日や夕方になるとハート型の葉を閉じ朝また開きます。

春から初夏にかけて咲き道端や空き地、畑、庭などで、ごく普通に見られます。

繁殖力旺盛で、 地下で根が広がり増えていきます。実にさわるとたくさんの種子が弾け飛びます。

全世界中に800種類以上が分布しており一年草、多年草、亜低木など、生育地域によって形態が異なり、開花の時期や花の色や形なども多様です。

 

人との関わり

黄金草とも呼ばれていたタカバミの葉を財布に入れておくと使っても減らないというような迷信もあったようです。

繁殖力が強いことから「子孫繁栄」の象徴として、家紋に使われました。

特に戦国時代の武将に好まれたようで、長曾我部氏や新田氏など多くの武将に愛用され家紋にされました。

また、タカバミは「サンショウソウ」という生薬名でもあり、血止めの効果や炎症を抑える効果があるようで、生の葉は虫さされや皮膚病に効果があるとも言われていますし、葉をすりつぶして鏡を磨くと、好きな人の姿が鏡に現れたという話があったり昔から人の身近に存在しました。

ちなみに葉をすりつぶして古い硬貨を磨くとピカピカになります。

 

花言葉は、「輝く心」 「心の輝き」 「喜び」「あなたと過ごしたい」「決してあなたを捨てません」です。

雑草扱いされていますが、ポジティブな花言葉、繁殖力同様強さを感じます。

 

-花と自然

関連記事

ブタクサ

【ブタクサ】で痒い思いをしないための、花粉対策と駆除方法

  花粉症のピークは2~4月ぐらいなのに、毎年8~10月頃にもひどい花粉症に悩んでいるあなたは、ブタクサの花粉が原因なのかもしれません。 あなたの家や職場・学校の近くや普段よく通る道すがら等 …

花や植物のエネルギーと浄化作用について

  生き生きとした花や植物を見ていると何故か心が落ち着き、元気になったことはあり ませんか? それは花や植物自体に私達を元気にしてくれるエネルギーと悪い気を浄化してくれる 作用が備わっている …

田舎の方ではいまだに残る樹木崇拝や信仰。「その木には、神さんが宿っとる!」

古い木や大きな木に何とも言えない存在感を感じたことはないでしょうか。何かの「いわく」があるのでは?と思うような感じや何故か近くにいると気分が良くなったり、前向きになったりするような感覚を覚えたらそれは …

キンセンカ(カレンジュラ)とマリーゴールドの区別がつきません!

先日ホームセンターでキンセンカ(金盞花)を売っていました。マリーゴールドとの区別が難しいですね。キンセンカは外国から持ち込まれて殆ど観賞用として愛されてきましたが、海外ではちょっと違うようです。 もく …

菜の花は、青菜・菜の花・ 菜種と名前が変わる

もくじ成長により名前が変わる人の身近な存在になるさいごに 成長により名前が変わる 菜の花は、油菜(アブラナ)と言われ元々野菜、そして油を採取するために栽培されてきた作物で、成長段階により 青菜(アオナ …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT