植物のPh

梅雨に咲く【アジサイ(紫陽花)】土の酸度を変えると色が変わるよ。

投稿日:2019年5月19日 更新日:

梅雨時期に咲く(紫陽花)アジサイを見ているとジメジメした嫌な季節も少し得をした気持ちになれます。海外でも親しまれている落葉低木で日本では梅雨時期に美しい花を咲かせてくれます。
繊細なイメージがあったのですが、乾燥に気を付ければ丈夫で育てやすく、鉢植えでも庭植えでも簡単に栽培できます 。

アジサイの萼(ガク)と色

色とりどりのアジサイですが、花に見える部分は葉が変形した萼(ガク)と呼ばれるものです。
装飾花と呼ばれ、色がついているのでまるで花びらのように見えますが、萼なので種は作れません。
実は中央に花となる部分が隠れています。雌しべ(5枚程)に雄しべ(10本程)があり種を実らせます。

アジサイの色は土壌によって変わることをご存じでしょうか?
青色のアジサイにしたいなら酸性土壌に、赤色なら中性から弱アルカリ性土壌に、ピンク色ならアルカリ性土壌にします。

また、アジサイは原種の「ガクアジサイ」と西洋種の「ハイドランジア」の2つによく分類されています。
一般的によく見られるのは「ハイドランジア」でこれは日本固有原種「ガクアジサイ」が海外に持ち出され品種改良されたもので、大正時代に逆輸入されました。

 

アジサイ種類について

アジサイは、贈答用に人気があり世界中で品種改良がされ、2000種以上の品種が存在しているそうです。

主だった系統は以下の通りです。

 

 

  • ガクアジサイ
    ガクアジサイは日本に自生するアジサイで、球状に開花するアジサイの原種。中心に集まっているのが本当の花で、周りの花は装飾花です。
    額縁のように装飾花がついていることから「ガクアジサイ」と呼ばれます。

 

  • アジサイ(ホンアジサイ)
    丸い形の最もポピュラーなアジサイです。
    装飾花のみからなり、花ができるのは稀なので挿し木や株分けで増やします。

 

  • ヤマアジサイ(サワアジサイ)

  自生しており、生命力が強く育てやすい。

  紅 (クレナイ) 甘茶 (アマチャ)等、様々な種類があります。

  日本原産で他のアジサイよりも枝が細く、繊細な雰囲気があります。

 

  • ハイドランジア(西洋アジサイ)
    日本のアジサイが海外に持ち出され品種改良されたものが逆輸入。
    贈呈用に鉢植えで販売されています。

 

  • 外国種アジサイ、ガーデンアジサイ

    「カシワバアジサイ」、「アナベル」「ピンクアナベル」など。

 

  • 交配改良新品種
    「テマリピンク」「ホワイトエンジェル」「ダンスパーティー」「万華鏡」など交配改良し新品種が増えていっています。。

 

 

アジサイの土作りについて

アジサイの苗を植える時期は、3~4月か9月頃になります。
鉢植えと庭植えのどちらでも育てられますが、花色に拘りがある場合は鉢植えの方が土壌PHの管理が簡単です。

  • 鉢植えの方法

買ってきた苗ポットより大きい鉢を用意し、鉢の底に軽石や鉢底石を敷き1/2ほど土を入れる。

土の性質、酸性がアルカリ性によって花色が変わります

  • 青色 → 酸性(赤玉土:腐葉土:有機酸(ピートモス等))5:4:1 

 

  • ピンク色 → アルカリ性(赤玉土:腐葉土)7:3 苦土石灰か炭カルパウダーを一握り加える

 

  • 赤色 → 中性又は弱アルカリ性(赤玉土:腐葉土:ケイ酸塩鉱物(バーミキュライト))4:4:2

 

土づくりが出来たら、鉢に苗を植えます。

周りに土を入れて隙間をなくし、株を安定させらたっぷりと水をやりをしてください。水切れに弱いので注意してください。

鉢植えのアジサイは、根詰まりを起こしやすいので2~3年に一度、11月から3月の間に成長に見合った鉢に植え替えるようにします。

 

 

アジサイの剪定について  

剪定作業は、大きくなりがちな木の見栄えを良くし病気や害虫からのリスクを下げ、来年もまた美しい花を咲かせるため行います。

7月から8月にかけて装飾花が裏返える全体に色褪せてきたら花が咲き終わったサインです。丈夫な枝の先に花芽が生えてきますので剪定を行います。
なお、アメリカアジサイは、春に伸びた枝に花芽をつけますので春までに剪定したので間に合います。

花芽が付いていることを確認し枝の2~4節目で芽の約2cm程度上をカットする。花が付いていない枝は、形を整えるができるだけそのままにする。

また休眠期の剪定は必ずしなければいけない剪定ではありませんが、枯れ枝をカットし枯葉等が引っかからず風通しや見栄えが良くなりますし、風通しが悪くなると菌や害虫の温床になることもあります。

 

灰色かび病
風通しが悪く、湿気が多い場所で不完全菌によって起こる病気で、花や葉が褐色に変色し、灰色のカビが生えます。
病気に侵された部分はすぐに取り除き、感染を防ぐこと。

炭そ病

梅雨時にかかりやすい糸状菌(かび)が原因で起こる病気。暗紫色や褐色で真中が灰色の小さな斑点が現れます。
早めに枝ごと切り取り処分し薬剤を散布する。

モザイク病
葉ちぢれるようになります、モザイクのような模様が出ます。
アブラムシが媒介するウイルスが原因。治療は困難で株ごと処分するしかありません。

うどんこ病
湿度の高い時期に葉や茎に白かびが生えます。粉をかけたように糸状菌のかびが原因です。
薬剤を散布して対応する。できるだけ早めに薬剤散布を。

アブラムシ
新芽や葉、茎に集団でつき、汁を吸います。体長1~3mmの黄緑色の虫で、春から秋まで発生します。
つぶすか、薬剤を散布しますが、発生前に薬剤散布で予防するのが効果的です。

ハダニ
ダニの仲間のハダニは高温、乾燥を好みます。
葉の裏に潜み汁を吸い葉が斑点状に色抜け状態を起こし枯れてしまうこともあります。薬剤を散布し予防します。

 

 

アジサイの花言葉

アジサイの語源は「あづ」「さあい」から成り立っており、「集まる」と「青い」という意味があります。
青い花(萼)がたくさん集まっている姿からつけられたと思うのですが、元々「あづさあい」と呼ばれていたのが時を経て「アジサイ」と呼ばれるようになりました。

そんなアジサイ自体の花言葉に「移り気」「浮気」という言葉がありますが、花の色が変わることから付けられたと言われています。皆さんあまり気にされていないようで最近アジサイを贈る方が増えているようです。

むしろ色によっての花言葉の方を重要視しているようです。

 

ちなみに青は「辛抱」ピンクは「活発な女性」白は「寛容」です。最近は、時期的にも母の日プレゼントに贈る方も増えておられます。

ちなみに私は、「親孝行したいときには親はなし石に布団は着せられず」 状態ですので毎年お墓に季節の花を持って行って飾るようにしています。

 

-花と自然

関連記事

花や植物のエネルギーと浄化作用について

  生き生きとした花や植物を見ていると何故か心が落ち着き、元気になったことはあり ませんか? それは花や植物自体に私達を元気にしてくれるエネルギーと悪い気を浄化してくれる 作用が備わっている …

チューリップの事について思い出とともに簡単にまとめてみた

小学生の時理科の授業で学校で育てたチューリップを鉢ごと家に持って帰った事を覚えています。 下校途中で乱暴に扱ったせいか、茎が「ポキッ!」と折れてしまいとてもデリケートな植物というイメージがあります。 …

桜の花

梅について、桜・桃の花との違いは分かるよね?

梅と桃と桜 桃や桜によく似た梅の花は、地域や時期によっても異なりますが1月下旬から5月頃まで見られますね。 私の住んでいる地域では大体、2月中頃から3月終わり頃がピークです。   梅と桜と桃 …

ラベンダーの育て方を歴史と共に簡単に紹介。

ラベンダーの香りは現代の生活のいたるところに使われ、特有の良い香り世界中で愛されています。 現在では合成香料が台頭し天然のものはなかなか手に入らないようですが、古くから多くの薬効をもち、香り付けとして …

水仙の葉はニラの葉とよく似ている。とはいえ間違えて食う奴はいるのか?

私の祖母がニラと水仙の葉を間違って食べて死んだ人がいると言っていました。 いやいや、そんな人いないでしょ!? と、思っていたのですが調べてみると事例がありましたのでその辺り含めてご紹介します。 &nb …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT