猫が大好きなマタタビの良い効果を知ってる?と、キウイフルーツアレルギー

投稿日:2021年10月9日 更新日:

 

マタタビはマタタビ科マタタビ属の落葉性低木植物で、日本、朝鮮半島、中国が原産といわれています。

東アジアに広く分布し、日本では北海道から九州までの山間地で普通に見られ、山形県や秋田県、新潟県で栽培もされています。

夏には梅に似た芳香のする白い花を咲かせ、夏梅(ナツウメ)、和多々比(ワタタヒ)、和太太備(ワタタビ)などとも呼ばれています。

 

同じ科にはサルナシ、サルナシを改良し栽培したキウイフルーツなども含まれる落葉性の蔓植物(つるしょくぶつ)で、茎葉はお茶にして飲用されるほかつるは強靭で、籠などにも利用されています。

 

マタタビの名前の由来と効果や作用

猫の大好物として知られていますが、人との関わりは古く果実は、古くから秘薬として重宝され、鎮痛や滋養強壮の妙薬として利用されてきました。

そもそもの名前の由来は、旅に疲れた旅人がマタタビの果実を食べて元気が回復「また旅」をした、ということから名づけられたと言われています。

強壮強心、免疫強化、鎮痛作用のほか、健胃消化作用、利尿作用などを有する。日本の民間療法においては、感冒による衰弱、冷え症、血行不良や疼痛緩和などに応用され、神経痛や神経障害、構音障害(高齢者でろれつが回らないなど)にも用いられることもあります。

ビタミンAやビタミンC、マタタビ酸や消化促進作用の高いアクチニジン、ポリガモールなどの有効成分が含まれ、血流改善や疲労回復、利尿などに効果を発揮します。

 

マタタビの実、木天蓼(もくてんりょう)と天木実(てんもくじつ)

 

マタタビには雄株、雌株、両性株の3種類があり、花が咲き終わると果実を付けるのは雌株、両性株です。

開花前にマタタビアブラムシという昆虫が卵を産み付けると、虫が寄生してゴツゴツしたカボチャ型の果実(虫えい果)になります。

ゴツゴツしたカボチャ型の果実を蒸して乾燥させたものを木天蓼(もくてんりょう)と呼び、虫こぶでない実を乾燥したものを天木実(てんもくじつ)と呼んでいます。

熟期は9~10月ですが、木天蓼(もくてんりょう)として用いる実はやや遅らせて収穫します。

マタタビ酒にしたり、煎じてお茶にしたり、漢方薬にしたり、さまざまな用途で使用されていますが、虫が寄生してゴツゴツしたカボチャ型の果実、木天蓼の方が高い効能があり良品とされ、人気があります。

 

簡単!滋養強壮、疲労回復作用のあるマタタビ酒の作り方

冷え性、リュウマチ、腰痛、神経痛に効果があると言われる果実酒「マタタビ酒」の作り方です。血流改善や疲労回復に最適で甘みと渋み苦みが一体となった特徴のある味は、はまるとくせになりそう。

 

マタタビ薬用酒の作り方

matamabi-sake

マタタビ(虫エイ)1キログラム、木天蓼(乾燥マタタビ)でもOK
ホワイトリカーまたは焼酎1リットル
氷砂糖700グラム~1㎏
 
マタタビをヘタの部分と付着物が取れるまで洗い、綺麗に洗って水気をよく拭き取って広口瓶又は密封瓶に入れ、氷砂糖、ホワイトリカーを入れる。
暗所保管、3か月~半年ぐらいで飲み頃、濾して実と、ごみを取り除き水割りやお湯割りで!(瓶が雑菌でカビないように注意してね)

猫がマタタビに反応している理由

「猫にマタタビ」と言われるように、ネコ科の動物はマタタビの香りが好物です。ほとんどの猫はマタタビによっているような反応をしますが、子猫や去勢した猫はマタタビに対しての反応が薄いようです。

与えすぎると下痢や嘔吐、過剰な興奮、攻撃性が見られ、一度に大量に与えすぎると呼吸困難を起こし、死に到ることもあるので要注意です。

 

マタタビラクトンに反応している

 

マタタビには、マタタビラクトンやアクチニジンといったネコ科動物を興奮させる成分が含まれています。

これらマタタビラクトンやアクチニジンという成分に猫が引き寄せられ、脳の中枢部を刺激し運動神経を麻痺させ、背を地にすりつけ転げまわる「マタタビ踊り」やニオイに反応して唇を引き上げる「フレーメン反応」を起こすと言われています。

 

ネペタラクトールに反応している

最近になって虫よけ効果のある成分「ネペタラクトール」に反応しているという研究結果が新たに浮上してきました。

ネコ科動物のマタタビへの反応は、蚊から身を守り寄生虫や伝染病を退けるための行動であるとも言われています。

ちなみに、西洋マタタビといわれる「ニットキャップ」にもネペタラクトン(ネペタラクトール)が含まれています。

ネペタラクトン(ネペタラクトール)は蚊を忌避する成分。多量に摂取すると嘔吐を起こしたり体調を崩すことがあるようです。

 

マタタビ科のサルナシとキウイフルーツ

同じ科にはサルナシ・キウイフルーツなども含まれます。

シナサルナシを品種改良したものが、現在ではポピュラーとなった果物のキウイフルーツです。

 

珍味?サルナシの特徴

sarunashi02
 サルナシは、キウイフルーツよりも香りが強く、かすかな酸味と甘みがある食味の良さから「珍果」と評価する人もいます。

果実はキウイフルーツより小さく、表面に毛がないため皮をむくことなく食べる事が出来ます。

ビタミンCなどの栄養価がたいへん高く、タンパク質分解酵素を大量に含んでいるため、血流改善、疲労回復、強壮、整腸、補血などの効果があるといわれています。

 

アレルギーが多いキウイフルーツ

kiwi01

キウイフルーツは、もともと中国のシナサルナシをニュージーランドで改良、栽培したものを海外に輸出する際に、現地の珍しい鳥「キウイ」の名前を付けて特産品としました。

 

そんなキウイですが、食べていて、唇や口の中、のどの奥の刺激感、かゆみ、腫れや閉塞感など感じたことはありませんか?

キウイフルーツは、大きく分けてデリシオサ種(果実が緑色が多い)とチネンシス種(果実が黄色が多い)があります。

キウイフルーツに含まれている「アクチニジン」というタンパク質分解酵素がアレルギー反応の一因であることが分かっており、デリシオサ種にはこのたんぱく質が比較的多く含まれていることが分かっています。

唇や口の中、のどの奥の刺激感、かゆみ、腫れや閉塞感などは、口腔アレルギー症候群とよばれる病気の特徴的な症状で、花粉症患者に多く発症することが分かっています。

過敏症のある人やアトピー性皮膚炎やぜんそくのある人などにも起こる場合があるので、注意が必要です。

特定の果物や野菜に含まれるアレルゲンの構造は、花粉のアレルゲンと構造がよく似ているため花粉が侵入してきたと勘違いし、すでに体で作られている抗体と反応して、アレルギー症状を起こします。

よく熟したものに反応が強く出るようで、食べた直後に口腔内や咽頭の痒みや浮腫を起こす口腔アレルギー症候群の症状がよく見られます。喉が「詰まる」「ムズムズ」「つっぱる」「イガイガ」したり鼻水や涙、おう吐など発生します。

食べる前にほんの少しだけ舌にのせて、もしピリピリとした刺激を感じるようなら食べるのをやめましょう。

 

-その他, 食べられる野草

関連記事

インテリア、ガーデニングでも人気が高いオリーブの育て方

  オリーブは地中海沿岸が原産で丈夫で育てやすく一年中美しい葉の色が楽しめる常緑樹です。 実を楽しむのであれば、少し配慮が要りますがお部屋でも簡単に育てられ独特の雰囲気も魅力的です。初心者で …

植物のPh

あなたの植物の育ちが悪いのは、土壌のPh(ペーハー)が原因かもしれませんよ。

しっかり日光に当て、水やりもして、時々は肥料も与えているのに思ったように育ってくれない。 理由が分からないまま、だんだん弱ってしまって「このまま枯れてしまのかな?」という経験がありませんか? もしかし …

カヤツリグサ

スーパーフード「タイガーナッツ」と雑草「カヤツリグサ」の関係。

放っておくとどんどん繁殖するカヤツリグサ(蚊帳吊り草)。 種類もさまざまで、国内では40種ほどあり、強力な雑草として知られています。 実は、TVでスーパーフードと紹介された「タイガーナッツ」は主にヨー …

少しバラの事とローズヒップのことを紹介させてくれ!

薔薇は鑑賞用として圧倒的に人気のある植物ですが、観賞用だけでなく花弁から精油を抽出した「ローズオイル」は、香水の原料になったりアロマセラピーに使われたりしています。 また、 花弁を蒸留して作る「ローズ …

使い捨てカイロ

【使い捨てカイロ】使い捨てずに土壌改良土として再利用

寒い時期に必需品となる「使い捨てカイロ」。使い終わったらどうしてますか? 使い捨てカイロの中には、植物の成長を促進する色んな成分が含まれています。 使い終わってすぐ捨てる「使い捨てカイロ」を賢く利用す …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT