キンセンカ(カレンジュラ)とマリーゴールドの区別がつきません!

投稿日:2019年4月23日 更新日:

先日ホームセンターでキンセンカ(金盞花)を売っていました。マリーゴールドとの区別が難しいですね。キンセンカは外国から持ち込まれて殆ど観賞用として愛されてきましたが、海外ではちょっと違うようです。

実は同じもの

キンセンカにもいろんな種類と名前がありますが、呼び名が違うだけで、実は同じがあることをご存知ですか。

キンセンカ=カレンジュラ=ポットマリーゴールド=冬シラズ=姫キンセンカ=寒咲ンセンカ(カレンジュラ)花が咲く時期が違うだけで同じものです

キンセンカの学名はカレンジュラと言います。

キンセンカの中で寒さに強いキンセンカが冬シラズ、姫キンセンカ、寒咲キンセンカ(カレンジュラ)などと呼ばれています。

寒さに強い冬シラズ、姫キンセンカ、寒咲キンセンカ(カレンジュラ)は霜や少々の雪でも枯れず花を咲かせますが、暑さで枯れてしまいます。

 

人間との古く深い関わり

古来ヨーロッパから中国を経由して江戸時代に日本にきました。

日本では鑑賞するために育てられていることが殆んどですが、ヨーロッパでは元々ハーブとして栽培されていた経緯があり幅広い用途で利用されてきました。

キンセンカを原料にした皮膚薬(軟膏、火傷や肌あれ、日焼け等)乾燥肌、エイジングケアに利用したり、食用可食の花として料理(サラダなど)に使用したり、花弁は加熱しても色褪せないので値段の高いサフランの代わりに使用できます。貧乏人のサフランとも呼ばれています。

独特の香りを出すことから石けんやシャンプー、アロマ・オイルとして使用されています。

 

かなり万能薬

咳や痰の嗽薬としても使用されているようで、他にもアンチエイジング、抗菌、抗ウィルス、風邪、発熱、眼精疲労、胃痛・胃炎、喉の痛み、口内炎、冷え性、生理痛、PMS、更年期障害にも効果が期待できるようです。

人に役立つ万能な植物といえます。

また、キンセンカはキク科の花らしく害虫を寄せ付けない効果があるようで、野菜などを栽培する際近くにキンセンカを植えているそうです。

個人差はあると思いますが、私が匂いを嗅いでみ他感想ですが、なんというか珍しい香りだったです。

 

マリーゴールドに似ているが別物

ハーブティーとして主にトウキンセンカが使われていますが、その際に「ポット・マリーゴールド」「マリーゴールド」などど書かれています。マリーゴールドとは別物です。

同じキク科の植物で花もマリーゴールドに似ていますが、属性が異なりキンセンカはカレンデュラ属で南ヨーロッパ・地中海沿岸原産マリーゴールドはマンジュギク属メキシコ、中央アメリカ原産で食用には適さないようです

 

最後に

キンセンカの花言葉は、「離別の悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」「慈愛」です。

ギリシャ神話の太陽神アポロンと水の精クリティとの嫉妬の神話に基づいています。

慈愛以外、花の明るさからは全く想像出来ないマイナス印象の言葉ばかりですね。

しかしそんなマイナスイメージからは考えられないくらい、古くから人々の役に立ってきた植物です。

私はキンセンカに対するイメージがかなり良いものに変わりましたが皆さんはどうですか?

 

-花と自然

関連記事

花や植物のエネルギーと浄化作用について

  生き生きとした花や植物を見ていると何故か心が落ち着き、元気になったことはあり ませんか? それは花や植物自体に私達を元気にしてくれるエネルギーと悪い気を浄化してくれる 作用が備わっている …

flowergift01

告白やプロポーズにはバラを!一生の思い出に残るフラワーギフト

女性へ花をプレゼントするという行為に、ハードルが高いなと感じたり、ためらいを感じたことはありませんか? 花をプレゼントされた80%以上の女性が、花を贈られることを嬉しく感じ、相手を見直してくれたり、意 …

植物には不思議な力があり、傷ついた人間を癒してくれる

人間は植物からあらゆる恩恵を受け取ってきています。遥か昔から命をつないできた「生きもの」ですから、人間同様何らかの意思を持っていても不思議でないと思っています。   もくじ植物と人間「中庸」 …

水仙の葉はニラの葉とよく似ている。とはいえ間違えて食う奴はいるのか?

ニラとスイセン(水仙)の葉を間違って食べるってことがあるんだろうか? 最近でも給食で間違えて出してしまって、園児がスイセンを調理したしょうゆ漬けを食中毒になってしまったとのこと。 いやいや、そんなの間 …

芝桜-意外と手間がかからない管理が楽ちんな植物

春になると色鮮やかに咲く芝桜。地面いっぱいにカラフルな色で咲いていますね。 農業公園などに行くと広大な敷地に「これでもか」というぐらい植えられています。 さぞ、管理や植え付けが大変だろうなと思いきや調 …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。