麦の思い出、家の手伝いで。。。

投稿日:2019年4月24日 更新日:

天気のいい日に少し田舎の方へ行くと、麦の穂が風に揺れ、美しい田園の風景が心を癒やしてくれます。 麦は、イネ科の植物です。

麦の歴史

小麦は元々ヨーロッパのカスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方(アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニア)からティグリス川・ユーフラテス川流域のメソポタミア地方(イラク、トルコ、シリア)、大麦はメソポタミア地方で栽培されるようになったそうです。

その後ヨーロッパやアフリカに伝えられ中国大陸を経由し日本へにも伝えられました。

 

日本では水稲よりも前に栽培されていたようで九州で縄文後期の遺跡からはだか麦(大麦)が見つかっています。

 

また、古事記にも須佐之男命(すさのおのみこと)に殺められた大氣津比賣神(おおげつひめ)の体から、麦が生まれと書かれています。古事記は712年に書かれた日本で最も古い歴史書です。

麦の分類

麦には大きく分けて小麦、大麦、ライ麦、えん麦があります。

小麦、大麦は食用としてライ麦、エン麦は飼料として使われているようです。

私も小さい頃から麦には縁がありまして、実家が大麦の栽培をしていました。

その大麦ですが、初めに種まきをしますが2パターンあります。

春に種をまき夏頃収穫する「春まき型」と秋に種をまき翌年の初夏の前に収穫する「秋まき型」があります。

私が住んでいる地域は「秋まき型」で、稲刈りが終わった晩秋から初冬にはだか大麦の種まきをします。

 

年が明けて1月から2月の寒い時期に麦踏みをし、5~6月頃収穫をします。

 

麦踏み

麦の芽を踏む作業ですが、せっかく芽吹いたのになぜ踏むのかというと踏むことで茎が曲がったり傷がつくことで水を吸収する力が弱くなり、麦の水分が少なくなります。

結果、寒さ乾燥に強くなります。

 

また、成長とともに浮き上がる土を押さえ成長を抑制することで、土に強い根が張り丈夫な茎が育ち良い麦になります。

麦の思い出

昔は、人の足で踏んでいましたが殆どがトラクターの後部にローラー等を取り付け麦を踏んでいます。

高校生の頃、手伝いで自動車免許は持っていなかったんですがトラクターで麦踏みの手伝いをさせられました。

寒風の中、トラクターを乗り回しました。その時飲んだ暖かいコーヒーやコーンスープ味が今でも忘れられません。良い思い出です。

 

収穫は梅雨に入る前にコンバインで行います。

穂や葉が実り黄金色になり、実の水分量や硬さがある一定の水準を下回ると収穫を

します。

 

さいごに

麦は、若い芽の時に何回も踏まれそれでもその圧力を跳ね返し上に伸びます。

 

また踏まれて負った傷も自ら修復し、傷つく前よりも強く丈夫に育ちます。

逞しい生命力だと思います。

 

タラレバですが、私にもそんな生命力、精神力があればもっとよい人生だったのかもしれません。

 

 

 

-花と自然


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

緑肥としてヘアリーベッチ・ウインターベッチ(ナヨクサフジ)

ナヨクサフジ(弱草藤)は飼料用作物、牧草として、明治時代に人間の都合でヨーロッパより 持ち込まれました。 現在は全国に野生で分布しています。私の幼いころにはこの草はなかったように思います。蔓性で絡んだ …

【ナガミヒナゲシ】ヤバイ花ではないですが、外来特定種です。

ケシ科の植物と聞くと、こんな植物で違法薬物が作れるんだろうか?と想像してしまいますが作れないそうです。 私が小さいころはナガミヒナゲシはなかったと思います。どのようにして着実にふえていったのでしょうか …

水仙の葉はニラの葉とよく似ている。とはいえ間違えて食う奴はいるのか?

私の祖母がニラと水仙の葉を間違って食べて死んだ人がいると言っていました。 いやいや、そんな人いないでしょ!? と、思っていたのですが調べてみると事例がありましたのでその辺り含めてご紹介します。 &nb …

solidagoaureus0

セイタカアワダチソウは土壌を酸性化すると駆除に有効

  セイタカアワダチソウは、複数年生存できる多年草のキク科アキノキリンソウ属の植物。 アメリカではゴールデンロッドと呼ばれており、明治時代に蜂蜜の原料、観賞用として持ち込まれました。 第2次 …

菜の花は、青菜・菜の花・ 菜種と名前が変わる

もくじ成長により名前が変わる人の身近な存在になるさいごに 成長により名前が変わる 菜の花は、油菜(アブラナ)と言われ元々野菜、そして油を採取するために栽培されてきた作物で、成長段階により 青菜(アオナ …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT