植物には不思議な力があり、傷ついた人間を癒してくれる

投稿日:2019年5月1日 更新日:

人間は植物からあらゆる恩恵を受け取ってきています。遥か昔から命をつないできた「生きもの」ですから、人間同様何らかの意思を持っていても不思議でないと思っています。

 

植物と人間

植物は人間より遥か昔から共生しています。
動物と違い根を張り動かず、大地から水分や養分を取り込み光合成を行いその環境に適した能力を獲得し、人間が想像できないような長い年月を過ごしてきました。

だからでしょうか?植物は神秘のエネルギーを宿しているといわれています。
毎年咲く花や伸びていく木々は神秘の生命エネルギーの源です。

その神秘の生命エネルギーという自然の力を身近に受けることであなたの人生が変わってくるかもしれません。

 

 

「中庸」陰と陽のバランス

人間関係がうまくいかない・縁がない、人から不真面目と思われる、何故あんな事をしてしまったのだろう、言ってしまったのだろう、何をやってもうまくいかない、理不尽で困難な状況が自分を苦しめる、不可解な失敗やありえないような不幸など、今までそういった出来事、言動などで後悔したり苦しんだりしたことありませんか?

もしかすると、陰と陽の力のバランスがどちらかに偏っているのかもしれません。

 

 

人の心は陽の力と陰の力がバランスを取りながら成り立っていると思います。
どちらかの力が強くそちらの方に常に傾いていると、疲れると思いますし、うまく物事が運ばないと思います。

ずっとポジティブでいるという状況では、浮ついて平常心で落ち着いて考えられませんし、逆にずっとネガティブでいるという状況では、暗く塞ぎ込んで鬱になってしまいます。

陽の力と陰の力がちょうど良いバランスのとれた状態を「中庸」と言いますが、そこに体や心を合わせることが大切です。

そのバランスが取れた時リラックスでき、「ホッ」として心に余裕が生まれ平常心で落ち着いて考えることができます。

 

花や植物の力を借りる

そういった陽と陰の力のバランスを取る場合に花や植物の力を借りるのが一番簡単であると思います。もちろんパワーストーンやグッズなどもいいと思うのですが、私は花や木々などの自然の命が宿っている「生きもの」には、人間を助けてくれる力がより多くあると思っています。犬や猫等の動物も癒してくれますが、世話の事を考えると私は植物の方が楽で経済的だと思います。

疲れたときに美しい花や緑の木々を見ていると、心が癒されるのを感じたことがあると思います。

部屋や玄関に飾る、庭に植えるなどし身近に感じることでストレス解消や精神を落ち着かせる等のヒーリング効果を感じることでしょう。

少し大げさかもしれませんが、あなたの潜在意識が変わったり、才能が開花したり、運命が向上したりするかもしれません。

 

さいごに

花や木々などは、根を大地におろし太陽の光をその葉に光のエネルギーを集め、大気からは二酸化炭素など取り込み酸素に変換し物質的に動物や昆虫に分け与えてくれます。

光という陽の力と二酸化炭素という陰の力を取り込に動物や昆虫などにその恵みを得る様はまさに「中庸」そのものです。

身近にある花や木の波動を受け続けることで同調という恵みをくれ、特に大切に育ててくれる人には目には見えない不思議な力を送り続けてくれます。時にはその産物を分け与えてくれます。

感謝と愛情を忘れないようにすれば、きっと答えてくれると思いますし、感じることができると思いますよ。

 

 

-花と自然

関連記事

田舎の方ではいまだに残る樹木崇拝や信仰。「その木には、神さんが宿っとる!」

古い木や大きな木に何とも言えない存在感を感じたことはないでしょうか。何かの「いわく」があるのでは?と思うような感じや何故か近くにいると気分が良くなったり、前向きになったりするような感覚を覚えたらそれは …

桜の花

梅について、桜・桃の花との違いは分かるよね?

梅と桃と桜 桃や桜によく似た梅の花は、地域や時期によっても異なりますが1月下旬から5月頃まで見られますね。 私の住んでいる地域では大体、2月中頃から3月終わり頃がピークです。   梅と桜と桃 …

ハスの花は知ってたけど、レンコンもできること知ってた?

ハスの花は7月~8月中旬に見頃を迎えます。 花は短命で、4日程咲き散ってしまいます。ハスは約1億4000万年前から存在していて、ポルトガルやアメリカなどで白亜紀のハスの化石が発見されています。 &nb …

桜(ソメイヨシノ)の歴史について少し語ってみた

何処にでもある桜の木。皆さんもお花見に行かれたことがあるのではないでしょうか。そもそもお花見という慣習そして、なぜ梅や桃ではく桜なのか疑問に思ったことはないですか。   人工的に出来た品種 …

レンゲ (げんげ)-緑肥になり畑や田を豊かにしてくれる

昔はどこの田んぼにも咲いていたレンゲ。今ではてっきり見られなくなりました。肥料や漢方薬として昔から愛されていました。 レンゲについて 東アジア、中国原産の植物で江戸時代の初めごろに日本に持ち込まれ広ま …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT