レンゲ (げんげ)-緑肥になり畑や田を豊かにしてくれる

投稿日:2019年4月16日 更新日:

昔はどこの田んぼにも咲いていたレンゲ。今ではてっきり見られなくなりました。肥料や漢方薬として昔から愛されていました。

レンゲについて

東アジア、中国原産の植物で江戸時代の初めごろに日本に持ち込まれ広まっていきました。 標準和名が、「げんげ」というらしいのですが、普通はレンゲかレンゲソウと呼んでいると思います。

高さが10~20センチ程度のマメ科の植物で紅紫色や白色の蝶形の花が開きます。

晴れた日に風に揺れている姿をずっと見ていると、蜂や蝶といった昆虫たちのオアシスになっているのがよくわかります。私はずっと見ていても飽きません。

小さい頃、れんげの花びらの根本にある蜜を舐めたら甘かった記憶がありまして、久々に舐めてみましたが、甘いような気がする?? すみません、よく分かりませんでした。

長年、添加物、着色料を食してきたので私の舌は、おかしくなっているんでしょう。たぶん。

 

春の訪れを告げる花

昔は何処の田んぼにも春になると咲いていました。

花冠や首飾りなどを作って遊んだ記憶はないでしょうか。

最近では化学肥料などで姿を消しつつありますが、養蜂や地域おこしなどで復活しているところもあるようです。

もともとレンゲを咲かせると土を肥やす効果があります。

 

緑肥とは

秋に種を蒔き、田んぼにレンゲソウを咲かし土の肥料分「緑肥(りょくひ)」にします。

緑肥とは田畑に植えられたまま耕され土と混じり、分解されて土の中の肥料となる草のことです。

レンゲは根のところどころにある「根粒」という瘤状のところに「根粒菌」という細菌が媒体しています。

この根粒菌は、大気中の窒素をアンモニアに変換し宿主へと供給する土壌微生物で、逆に宿主からは根粒菌には光合成産物が供給されるという共生関係が成り立っています。

 

食用や薬として

若芽をおひたしにしたり、花を天ぷらにしたりと食用にもなります。

中国では乾燥した根を煮出しお茶にして飲まれたり、根の粉末を錠剤やカプセルで、そして漢方薬として飲まれています。

免疫機能の維持向上、インスリンの分泌、解熱など疲労時に効果があるようです。

 

花言葉は、「心が和らぐ」「あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ」です。古くから薬に用いられたからでしょうか。

小さいとき田んぼに咲いていたレンゲを思い浮かべると確かに心が和らぎました。

 

 

 

 

 

-花と自然

関連記事

国内のコスモス畑のまとめ ~近くの見ごたえのあるコスモス畑はココ!~

  コスモスは一年草または多年草の植物で、魅力といえば、一斉に咲いた群生した花畑になると秋の景色とコラボして見事な光景になります。 秋の花として有名ですが、6月から開花するものもありますが、 …

田舎の方ではいまだに残る樹木崇拝や信仰。「その木には、神さんが宿っとる!」

古い木や大きな木に何とも言えない存在感を感じたことはないでしょうか。何かの「いわく」があるのでは?と思うような感じや何故か近くにいると気分が良くなったり、前向きになったりするような感覚を覚えたらそれは …

ハスの花は知ってたけど、レンコンもできること知ってた?

ハスの花は7月~8月中旬に見頃を迎えます。 花は短命で、4日程咲き散ってしまいます。ハスは約1億4000万年前から存在していて、ポルトガルやアメリカなどで白亜紀のハスの化石が発見されています。 &nb …

植物には不思議な力があり、傷ついた人間を癒してくれる

人間は植物からあらゆる恩恵を受け取ってきています。遥か昔から命をつないできた「生きもの」ですから、人間同様何らかの意思を持っていても不思議でないと思っています。   もくじ植物と人間「中庸」 …

花や植物のエネルギーと浄化作用について

  生き生きとした花や植物を見ていると何故か心が落ち着き、元気になったことはあり ませんか? それは花や植物自体に私達を元気にしてくれるエネルギーと悪い気を浄化してくれる 作用が備わっている …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT