芝桜-意外と手間がかからない管理が楽ちんな植物

投稿日:2019年4月19日 更新日:

春になると色鮮やかに咲く芝桜。地面いっぱいにカラフルな色で咲いていますね。

農業公園などに行くと広大な敷地に「これでもか」というぐらい植えられています。

さぞ、管理や植え付けが大変だろうなと思いきや調べてみると意外と手間がかからない植物だということがわかりました。

 

意外と手間がかかりません

芝桜はヨーロッパ経由で観賞用として江戸・明治時代に輸入されました。原産地は北アメリカ、カナダでハナシノブ科フロックス属という種類の常緑性多年草で現在30以上の色(品種)があるそうです。

 

 

写真は近所で植えられていたスカーレットフレームという種類だったと思います。

淡桃、赤、紫、白色等のサクラのような形の花を芝生のように一面に咲かせます。

芝桜の名前の由来はそんなところからきているようです。

もちろん芝生のように踏んだりしてはいけませんが、他の花と比べても強い上、世話などの手間が殆んどかかりません。

ほぼ放置状態で多少の寒さや乾燥、病気や害虫にも強く日当たりと水はけの良い場所に植えてさえすればほぼ間違いなく、春になると花を咲かせるそうです。

 

 

広大な敷地で咲く芝桜

何とも楽で親孝とも言うべき花ですが、広大な敷地に色とりどりの芝桜が咲いている風景には圧倒されますね。一つ一つは小さく可愛らしい花なのですが足元から広がる景観に圧倒された経験もあろうかと思います。

そんな雄大な景色と芝桜が有名なのは、毎年TVなどでよく見る富士山の裾野で開催されている「富士芝桜まつり」でしょうか。

芝桜が植えられた広大な敷地と竜神湖の背景に富士山を望む絶景スポットです。

迫りくるような美しくカラフルな芝桜と神聖な富士山と竜神湖、見ているだけで、まるで写真か絵画の世界のようで吸い込まれそうで、日頃の疲れが何処かへ飛んでいってしまいそうで、何時までも見ていたい景観です。

 

 

意外な花言葉に思うこと

ちなみに芝桜の花言葉は「臆病な心」「合意」「一致」「忍耐」「燃える恋」「華やかな姿」「一筋」だそうです。

花の姿から「合意」「一致」「忍耐」「燃える恋」「華やかな姿」「一筋」は、何となく理解できますが、「臆病な心」というのは “う~~ん。なんでだろう?” と思ってしまいます。

 

芝桜は低く花が密集してあまり茎や葉が見えづらいですね。

美しい面(花)を前面に出して、見せたくない面(茎や葉)を隠している。そんな臆病な性格を連想したのかな?などと勝手な解釈を私はしています。

 

普段通っている近所の道路の植え込みの芝桜も今がちょうど満開で見頃です。

風に揺れて、陽の光を浴びて沢山の花が咲いている姿は、子供が幼稚園の頃に発表会でクラスのみんなと合唱しているようで何とも可愛らしく感じます。

 

-花と自然

関連記事

植物にも感情などの意識はあるのか?

  植物にも意識があり感情や記憶力があると聞いて、皆さんはどう思われますか? 子供がドラえもんの映画で「緑の巨人伝」というのを見ていたのを思い出します。 のび太が拾ってきた木にドラえもんが培 …

キンセンカ(カレンジュラ)とマリーゴールドの区別がつきません!

先日ホームセンターでキンセンカ(金盞花)を売っていました。マリーゴールドとの区別が難しいですね。キンセンカは外国から持ち込まれて殆ど観賞用として愛されてきましたが、海外ではちょっと違うようです。 実は …

少しバラの事とローズヒップのことを紹介させてくれ!

薔薇は鑑賞用として圧倒的に人気のある植物ですが、観賞用だけでなく花弁から精油を抽出した「ローズオイル」は、香水の原料になったりアロマセラピーに使われたりしています。 また、 花弁を蒸留して作る「ローズ …

国内のコスモス畑のまとめ ~近くの見ごたえのあるコスモス畑はココ!~

  コスモスは一年草または多年草の植物で、魅力といえば、一斉に咲いた群生した花畑になると秋の景色とコラボして見事な光景になります。 秋の花として有名ですが、6月から開花するものもありますが、 …

桜(ソメイヨシノ)の歴史について少し語ってみた

何処にでもある桜の木。皆さんもお花見に行かれたことがあるのではないでしょうか。そもそもお花見という慣習そして、なぜ梅や桃ではく桜なのか疑問に思ったことはないですか。   人工的に出来た品種 …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT