パキラの育て方 大きく育てるには?

投稿日:2019年7月1日 更新日:

パキラは別名マネーツリーとよばれ、インテリアグリーンの定番中の定番として愛されています。

原産地は中南米ギアナで、もともとは10メートルを超えるほどの大きな木ですが、ホームセンターなどで販売されているサイズになると10センチから2メートルほどのものがほとんどです。

元々30㎝もなかったんやけど、気が付けば大きくなってる。
まともに世話した記憶がないもんな~。

 

 

大きく育てるために

 

私もですが、ホームセンターや園芸店で買われてくる方が殆どだと思います。

植え付けや植え替えは5月から9月に行うのが良いそうですので、鉢のサイズを変更する際はその時期にしようと思っています。

成長が早く葉っぱはすごい勢いで増え生い茂りますので剪定が必要です。

今より更に大きく育てたい場合は一回り大きな鉢に植え替えるとよいです。大きさを変えたくない場合は鉢の土を3分の1程度減らして同じ大きさの鉢を使います。

100円ショップでも可愛いパキラ(小さいサイズですが)売られていますね。時間はかかりますがしっかり育てるとかなり立派な大きさになるそうです。

 

 

枯れる原因は水のやりすぎ

パキラは乾燥強いので土が乾いてから水を上げます。パキラを枯らす一番の原因は水のやりすぎ(根腐れ)です。面倒見がよく可愛がりすぎの人は要注意かも?

春から秋にかけて玄関で育てています。エアコンが当たらず乾燥しないので水は大体1週間に1度ぐらいです。

年に2、3回程度肥料をあげます。パキラの生育期は5月頃なのでその時期に合させて肥料をあげると成長が良いです。

 

日頃の管理は?

春と秋は日当たりの良い所に置いてあげましょう。気温は5℃までなら耐える事ができるようですが、寒さには弱いですので冬場はリビングなど家の中に入れています。

対陰性のある植物ですが日陰だけだと葉の色が黄色っぽく薄くなってしまったり、葉の形や色のバランスが悪くなってしまいましたので、剪定したり日の当たる方向を変えたりしています。

夏は強い直射日光を当てすぎると葉が焼けてしまったので、置く場所をレースのカーテン越しなどにしてあげるようにしています。

 

風水のアイテムとして

植物には自然のパワーが凝縮されており、葉の表裏は陰(気分を落ち着かせる)と陽(活力を与えてくれる)の力も備えているので、リビングや玄関、寝室、キッチン、トイレなど悪い気が溜まったり、入ってきたりするところに置くと良いといわれていました。

パキラを置くと金運仕事運が上昇するようなことが書いているのを見たことがありますが、お金も仕事運も上昇する兆しはありませんね。(まぁ気持ちの問題ですよ。)

 

さいごに

ふとした瞬間、いつもの生活に緑があると目にもいいですし何より落ち着きます。週に1回水をあげ、偶に剪定をし夏場の直射日光と冬場の日あたり程度に気を付ける程度で管理が楽、そして丈夫な植物なので「ズボラ」な私でも今まで育てることが出来ているのでしょう。ズボラな方にはお勧めです。

 

 

-観葉植物
-,

関連記事

インテリア、ガーデニングでも人気が高いオリーブの育て方

  オリーブは地中海沿岸が原産で丈夫で育てやすく一年中美しい葉の色が楽しめる常緑樹です。 実を楽しむのであれば、少し配慮が要りますがお部屋でも簡単に育てられ独特の雰囲気も魅力的です。初心者で …

ヘデラ(アイビー)は、放っておくとどんどん増えます。

ヘデラ・木蔦は、割と馴染みの深い植物だと思います。アイビーと言ったほうがわかりやすいですね。 つる性植物なので這うように広がったり壁にくっついて成長する性質があります。 ヘデラは500種類存在し、 日 …

コーヒーの木(観葉植物)は難易度が高い?枯れの原因と上手な育て方・植え替え方法など

コーヒーの木を育てるのは管理が難しく育てるには難易度が高いと思われがちな植物です。 よく枯らしてしまったという話を聞くのですが、暑さや乾燥に強い反面、寒さに弱く冬越し等で失敗するようですが、冬場の温度 …

簡単に育てられる!観音竹(カンノンチク)の育て方と増やし方(植替え・植付け・株分け)

  観音竹(カンノンチク)は、小柄なヤシ科植物の一種で、琉球観音竹(琉球カンノンチク)ともいいます。 漢字で、観音「竹」と書きますが竹の一種ではありません。 銀杏(イチョウ)と同じく雌雄異株 …

ドラセナ・マッサンゲアナは初心者でも簡単に管理できので、贈り物に最適です!

幸福の木としてよく知られているドラセナは日陰に強いので、室内インテリアとしても人気があります。 また、種類が多く葉や樹形のタイプが豊富な観葉植物です。素人にも育てやすく「幸福の木」として人気がありプレ …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。