緑肥としてヘアリーベッチ・ウインターベッチ(ナヨクサフジ)

投稿日:2019年5月28日 更新日:

ナヨクサフジ(弱草藤)は飼料用作物、牧草として、明治時代に人間の都合でヨーロッパより 持ち込まれました。

現在は全国に野生で分布しています。私の幼いころにはこの草はなかったように思います。蔓性で絡んだり這いついたりしながら1.5~2mに伸びます。 基本放置で育つたくましい雑草です。

いつの間に拡散されてきたのでしょうね。このナヨクサフジは強いアレロパシー(他感作用)があり、雑草防止そして緑肥作物としても用いられます。

緑肥として土壌の栄養源に

名前の由来ですが、茎が細く柔らかく 在来の草藤よりも『なよなよとしている』ということからこの名前が付けられてのですがなよなよしているようにも思えません。生命力があり勢力旺盛で地面いっぱいに広がります。

冒頭にも強いアレロパシー(他感作用)があるといいましたが、地下茎からシアナミドという物質を出し、他の植物の成長を抑制しているといわれています。

休耕地などでは、その強いアレロパシーを利用して雑草の繁殖を抑えるために使っています。

施肥削減にも効果的で雑草が枯れる頃、ナヨクサフジを耕運機のロータリーなどで土壌にすき込みます。

土に混ざると10日くらいでシアナミドは完全に分解され、アンモニア性チッソに変化します。そうすると毒性が無くなって肥料成として有効になるようで、植物を植えるのであれば10日以降を目安に植えると良いようです。

窒素やカルシウムなどの肥料成分が豊富で,緑肥にすると土壌に栄養素を供給することができます。

その性質を生かして落葉する果樹の下に植えたり レンゲにかわって休耕田に植えたりと普及しはじめています。

 

シアナミド

ちなみにシアナミド(シアナマイド)って、アルコール中毒及び過飲酒者に対する抗酒療法の内服薬じゃ?

化学式では「CH2N2」。農家では、石灰窒素といわれています。ちなみにこの石灰窒素を散布した後にお酒を飲むと急性アルコール中毒を起こす可能性があるそうで、皮膚に付着すると化学熱傷してヒリヒリします

危険性と毒性があるので、散布の時には防護マスク、メガネを着用し、肌を露出しないようにしましょう。

 

「ベッチ」の種類

「~ ベッチ」と名前の付く草藤、調べてみるとヘアリーベッチ(ナヨクサフジ)とウインターベッチ(越冬性あり、積雪地帯での利用)、スムーズベッチ(ビロードクサフジ?)、クラウンベッチ(タマザキフジ) 、コモンベッチ(低温で、短期間発芽)などがありました。

しかし、ビロードクサフジを (ヘアリーベッチ)としていたり、ナヨクサフジを(スムーズベッチ)としていたり、タマザキクサフジを(クラウンベッチ)と記載していたり様々です。結局、どれが本当が最後までわかりませんでした。(笑)

ちなみにレンゲ草も Chinese milk vetch(ベッチ) という言い方もあります。

 

 

ウインターベッチは、ヘアリーベッチに比べ越冬性に優れているので、積雪地帯での利用に優れています。春は2月中旬~3月中旬に秋は9月中頃~10月中頃にかけて播種(種まき)をします。生育期間が長く晩成で、有機物量が豊富に含まれますです。ヘアリーベッチ同様アレロパシー効果が高く、雑草抑制効果が期待できます。

商品名としては、ウインターベッチ(タキイ種苗)、寒太郎(サバン)藤えもん(雪印種苗)、しげまるくん(カネコ種苗)などの名前で販売しています。

 

さいごに

環境省の適切な要管理の外来種(産業管理外来種)として生態系被害防止外来種リストに掲載されていますが、そもそも明治時代とはいえ政府が持ち込んだものです。

人間の都合で持ち込まれ、その後放置して雑草として生えているところを外来種としてリストに掲載、管理しきれず悪者になってしまっています。

ナヨクサフジはマメ科の植物ですが、無謀にも食べれるのか試した方がいるみたいですね。海外では中毒症状を起こしたケースもあるそうですが。。。

 

 

-雑草の除草、草刈り、草むしり
-, ,

関連記事

ブタクサ

【ブタクサ】で痒い思いをしないための、花粉対策と駆除方法

  花粉症のピークは2~4月ぐらいなのに、毎年8~10月頃にもひどい花粉症に悩んでいるあなたは、ブタクサの花粉が原因なのかもしれません。 あなたの家や職場・学校の近くや普段よく通る道すがら等 …

solidagoaureus0

セイタカアワダチソウは土壌を酸性化すると駆除に有効

  セイタカアワダチソウは、複数年生存できる多年草のキク科アキノキリンソウ属の植物。 アメリカではゴールデンロッドと呼ばれており、明治時代に蜂蜜の原料、観賞用として持ち込まれました。 第2次 …

「要注意外来生物」トキワツユクサ:白くて小さくキレイだけど駆除する

南アメリカ原産の帰化植物で昭和の初期に渡来しました。常緑の多年草で「ノハカタカラクサ」という別名もあります。 花は初夏の5月ころ~夏の8月に咲き、やや湿った陰になる場所や水辺などに生えています。 繁殖 …

【ナガミヒナゲシ】ヤバイ花ではないですが、外来特定種です。

ケシ科の植物と聞くと、こんな植物で違法薬物が作れるんだろうか?と想像してしまいますが作れないそうです。 私が小さいころはナガミヒナゲシはなかったと思います。どのようにして着実にふえていったのでしょうか …

酢漿草 (かたばみ)について少し語ってみた

生態について 黄色く可愛い花ですが残念なことに雑草扱いされています。 明るい場所を好み天気の悪い日や夕方になるとハート型の葉を閉じ朝また開きます。 春から初夏にかけて咲き道端や空き地、畑、庭などで、ご …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT