solidagoaureus0

セイタカアワダチソウは土壌を酸性化すると駆除に有効

投稿日:2020年7月7日 更新日:

 

セイタカアワダチソウは、複数年生存できる多年草のキク科アキノキリンソウ属の植物。

アメリカではゴールデンロッドと呼ばれており、明治時代に蜂蜜の原料、観賞用として持ち込まれました。

第2次世界大戦以降日本各地で繁殖が目撃されるようになった帰化植物です。

外来種の中でも侵略種とされ日本の侵略的外来種ワースト100、外来生物法で要注意外来生物に指定されています。

 

 

セイタカアワダチソウは花粉症の原因ではない?

空き地や河原、野原や山野などどこにでも生えており、地下茎と秋が深まると花の部分に綿毛を付け種子を風で飛ばして繁殖します。

秋口の9月頃から11月頃の時期に咲くセイダカアワダチソウの花粉が花粉症の原因とされていましたが、セイタカアワダチソウは「虫媒花」といって虫が花粉を運び受粉しています。

花粉量が少なく比重が重く風に乗るには形状も悪いので、杉やヒノキのように遠くまで飛んでいくわけではないようです。

この時期の花粉症の原因はブタクサの花粉だと言われています。姿形がセイタカアワダチソウに非常に似ていて、花粉飛散時期が7〜11月頃と開花時期も重なっています。

ブタクサとの違いは、一番見分けやすいのが葉の形。セイタカアワダチソウは、まっすぐの被針形ですが、ブタクサはヨモギのような分裂葉です。

 

セイタカアワダチソウのアレロパシー

根からシスデヒドロマトリカリアエステルという他の植物の成長を抑制する物質を放出するアレロパシーのある植物です。

そのためか繁殖力もあり、見た目も派手なので生命力に満ちた印象があります。

しかし、徐々に他の植物を衰退させて最終的には自らのアレロパシー成分の影響を受け、徐々に繁殖も弱まってくるという自虐的な植物でもあります。

 

セイタカアワダチソウのアレロパシーの影響を受けるのがススキなどのイネ科植物で、その繁殖を抑制します。

セイタカアワダチソウの繁殖が強くなってくるとススキなどの発芽が抑制され、逆にススキなど繁殖が強くなるとセイタカアワダチソウの発芽が抑制されます。

 

 

土壌を酸性にしてセイタカアワダチソウを駆除する

セイタカアワダチソウは繁殖力が強く、地下茎を伸ばして横に広がり刈ってもすぐに元どおりになってしまいます。

広範囲になると鎌や鍬などの手作業では困難で、草刈り機など本格的に除草に対応する道具などが必要になってきます。

除草剤で枯らすという方法もありだと思うのですが、日あたりや土壌にもよりますがすぐに再生するので毎年対応が必要で面倒です。

かといって、自らのアレロパシーで枯れるのを待っていては何時になるのかわかりません。

 

そこで、ワキガや多汗症の対策に効果がある塩化アルミニウムイオンで土壌のpHを酸性に傾け、セイタカアワダチソウが繁殖しづらい環境を作りる方法を教えてもらいました。

aluminium_chloride

 

セイタカアワダチソウの栄養素となるリン酸に塩化アルミニウムを結合させると溶けにくくなる「難溶態」に変化するそうです。セイタカアワダチソウはリンを吸収して成長することが困難になり徐々に枯らしていくというもの。

ただし、塩化アルミニウムは水分に触れると塩化水素を発生するので注意が必要です。

メリットは除草剤と違い、塩化アルミニウム粉が複数年に亘り土壌に残存し「難溶態」しているので、比較的長く効果が持続するという点です。

デメリットは塩化アルミニウムが除草剤より高いこと、酸性土壌に強い他の雑草等には効果がないという点があります。

 

 

意外と知らないセイタカアワダチソウの効能

 

 

あまり役つイメージがない草ですが、実は多様なポリフェノール類が高含有で含まれています。漢方薬でも一枝黄花(いっしこうか)と呼ばれ効能があり利尿作用や腎臓、膀胱炎、頭痛、のどの腫れ痛み、などで処方されています。

乾燥したものをティーバックにいれてハーブティーとして飲めば肝臓や腎臓を活性化するそうで、かつては排尿時の痛み緩和にも使われていたようです。

炎症を緩和するフラボノイドが含まれているので、ヨーロッパやアメリカでは虫刺されや止血にも使われてきました。

乾燥肌やアトピーなどにも効果があるそうで、開花前の蕾状のものを乾燥させ細かく切り刻み入浴剤として使用するといいようです。

 

さいごに

生命力が強くどこにでも咲いているイメージのあるセイタカアワダチソウですが、帰化植物であるためか利用できるイメージはありません。

その強すぎる生命力ゆえ、最後は己のアレロパシーで消えてしまうという何とも自虐的な植物です。塩化アルミニウムを使用しなくても土壌を酸性化すると勢いが弱まるそうです。

ピートモスや酸性肥料なども土壌を酸性にします。ピートモスは海外のものは酸性が強くより効果があるようです。

-花と自然, 食べられる野草
-,

関連記事

ラベンダーの育て方を歴史と共に簡単に紹介。

ラベンダーの香りは現代の生活のいたるところに使われ、特有の良い香り世界中で愛されています。 現在では合成香料が台頭し天然のものはなかなか手に入らないようですが、古くから多くの薬効をもち、香り付けとして …

菜の花は、青菜・菜の花・ 菜種と名前が変わる

もくじ成長により名前が変わる人の身近な存在になるさいごに 成長により名前が変わる 菜の花は、油菜(アブラナ)と言われ元々野菜、そして油を採取するために栽培されてきた作物で、成長段階により 青菜(アオナ …

栄養価の高いヨモギ、万能で色んな効果のある雑草

お餅や団子、饅頭などで親しまれているヨモギ。日本には30種以上のヨモギがあります。 土手や空き地、道路の未舗装部分などどこにでも生えている殆ど雑草のような植物です。 キク科の多年草で繁殖力が強いせいで …

potato-top

家庭で簡単に育つジャガイモを栽培。おうち時間で安心・安全で家計にも優しい家庭菜園を。

色んな料理に使える便利な野菜「ジャガイモ」 自分で育たじゃがいもを食べたことがあるって人は、あまりいないんじゃないでしょうか? 「やってみたいけど、畑もないのに作れないよ」と思われますが、お家でもプラ …

「草でも食ってろ!」と言われた時に食える草「フキ」

  野生植物の中で「蕗(フキ)」は食用としてとてもポピュラーな植物です。 ほろ苦い蕾(つぼみ)の部分は「花蕾(からい)」と言いますが、フキのとうとして、天ぷらにして食べるのは有名です。 昔は …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT