ユニークな樹形で育てやすいミニガジュマル

投稿日:2020年7月11日 更新日:

ガジュマルはもともとガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布している高さが20mにもなる大木です。

精霊の宿る神秘的な樹木として有名ですが、特徴は何といってもその独特な形です。

ガジュマルはとても育てやすい観葉植物で、生命力があり新芽が出やすく剪定も簡単なインテリアプランツとして非常に人気があります。

特にコップ程度のスモールサイズのガジュマルは卓上のインテリアにぴったりです!

水のやりすぎによる根腐れに注意を払えば、初心者や多用な方でも十分楽しめます。

ミニガジュマルだと場所を選ばない

ミニガジュマルは省スペースでも飾れるので、ご自宅のインテリアや会社のデスクに置いたりと重宝されています。

耐陰性があり暑さや寒さに強く、基本置き場所は選びません。

小さいサイズだと、リビングの窓辺にはもちろん脱衣場やトイレ、玄関や棚などお好きな場所でお楽しみいただけます。

洋風・和風どちらでもよい雰囲気のガジュマル

あらゆる場所にマッチする観葉植物なので洋風でも和風でもOKです。

ミニ盆栽のような雰囲気にしたいのであれば、陶器の器や苔なども用いてみるのもいいものですよ。

ガジュマルは小さくてもユニークな姿をしていますので、仕事で疲れて帰ってきた時、自然と目に入ってきます。

何とも憎めない姿が、暫し疲れを忘れさせてくれます。

ガジュマルの管理

蛍光灯のみのお部屋でも育ちますが、風通しの良いカーテン越しの明るい日陰などで育てるのがおすすめです。直射日光に当てると葉焼けしてしまうことがあります。

mini-Banyan05

春先から秋中旬は土の表面が乾いてきたら水を与えますが、受け皿に溜まった水は根腐れを防ぐためにも捨ててください。

湯飲み程の器でしたら葉水をあたえるついでに、霧吹きで3~4回土を湿らすくらいでもいいかもしれません。

また、夏場は室内でエアコンの冷房が直接当たる場所はさけましょう。

晩秋から冬場は休眠状態になりますので、水はあまり必要ありません。

土が乾いたら霧吹きなどで少な目に水をあたえます。寒さには強いですが、5℃以上の室内で管理しましょう。

葉がたくさん生えて込み入ってきたら、枝の根元からカットしてやると風通しが良くなり成長を促します。

ミニガジュマルの選び方

mini-Banyan06

ミニガジュマルは、ネット通販やホームセンターなどで販売されています。

ネット販売では確認するのが難しいですが、葉が萎えている黄色くなっている、幹にシワが出ているものは、すこし弱っていて根が弱い可能性があります。

また葉や幹に害虫(葉ダニやカイガラムシ)がついていないか、確かめるといいでしょう。

元気で生命力の強いガジュマルは、艶のある鮮やかな葉の色と、根が土に張り幹がしっかりしていますので、手に取って確認してみてください。

ミニガジュマルの植えつけ手順

mini-Banyan07

  1. ガジュマルを購入してきたポットから抜きます。
  2. 根に絡みついた土を丁寧に取り除きます。傷んだ根はカットしてください。
  3. 少し大きめのポット(容器)を用意します。
  4. 観葉植物用の土を使用する場合は、鉢の底にネットか鉢底石をいれます。ハイドロボールを使用する場合は、水はけがよいのでネット・鉢底石は特に必要ないです。
  5. ガジュマルの幹が、以前より2~3cm程度土に埋まるよう調整しながら土・ハイドロボールを足していきます。
  6. 土を鉢の縁まで入れてもいいですし、2~3㎝少な目でもいいです。お箸など棒状のもので、根を傷つけないように土を詰めていきます。土の場合ジョウロなどで水を掛けながらすると土が詰まっていきやすいです。

苔で和盆栽風に

表面に苔をのせるのであれば、ケト土(苔玉培養土)を表面に敷きます。ケト土は、水を加え粘土状になるように練ります。

ketosoil

ピンセットなどで、ケト土の上に苔を張り付けていきます。鉢の縁は、ピンセットで押し込みます。定着すると見栄え良くなりますよ。

全面が苔だけでもいいですが、小石や木片、オブジェや人形などでデコレーションするのも楽しいですよ。

さいごに

ガジュマルはユニークな樹形から、同じものが一つとしてないと言われています。

ミニガジュマルは、お取引先へのプレゼントや友人への誕生祝、新築祝いなどカジュアルなギフトとしても人気があります。

-観葉植物
-, ,

関連記事

パキラの育て方 大きく育てるには?

パキラは別名マネーツリーとよばれ、インテリアグリーンの定番中の定番として愛されています。 原産地は中南米ギアナで、もともとは10メートルを超えるほどの大きな木ですが、ホームセンターなどで販売されている …

簡単に育てられる!観音竹(カンノンチク)の育て方と増やし方(植替え・植付け・株分け)

  観音竹(カンノンチク)は、小柄なヤシ科植物の一種で、琉球観音竹(琉球カンノンチク)ともいいます。 漢字で、観音「竹」と書きますが竹の一種ではありません。 銀杏(イチョウ)と同じく雌雄異株 …

Caudiciform

初めてでも育てやすい「多肉植物」 かわいい・お洒落・カラフルで美しいなど色んなタイプを集めてみた。

  肉厚でぷっくりしてみずみずしい多肉植物。世界には1万5千もの種類があるそうです。 定番ものからコロコロとカワイイ形、もふもふの毛が生えているもの、カラフルな色のもの、珍しさに思わず目を引 …

インテリア、ガーデニングでも人気が高いオリーブの育て方

  オリーブは地中海沿岸が原産で丈夫で育てやすく一年中美しい葉の色が楽しめる常緑樹です。 実を楽しむのであれば、少し配慮が要りますがお部屋でも簡単に育てられ独特の雰囲気も魅力的です。初心者で …

【ボトルツリー】ワインボトルに見える木の育て方と日頃の管理

ボトルツリーは、大きくなると木の根元がワインボトルのように見えることからそういわれています。 本名はブラキキトンルペストリスという名前です。 成長が早く、現地のオーストラリアでは高さ20 M 以上にな …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT