「要注意外来生物」トキワツユクサ:白くて小さくキレイだけど駆除する

投稿日:2019年6月5日 更新日:

南アメリカ原産の帰化植物で昭和の初期に渡来しました。常緑の多年草で「ノハカタカラクサ」という別名もあります。

花は初夏の5月ころ~夏の8月に咲き、やや湿った陰になる場所や水辺などに生えています。

繁殖力が強く外来生物法により要注意外来生物に指定されています。

可愛いらしい姿

花は清楚で純白で花弁が3枚あり三角形をしており、6本の黄色のハート形の雄しべと真ん中に1本ある短め白い軸が雌しべです。たくさん白い毛があり、可愛らしい姿で観賞用に持ち込まれたの言うことにも納得できますが、その姿とは裏腹に繁殖力は、相当強いらしく全国各地で群生しています。

漢字では「常盤露草」と書きます。

葉がツユクサに似ていて常緑であることによりつけられたそうですが、花の色と形はツユクサとは似ていません

 

除草剤で駆除するのであれば、ローテーション散布

 

トキワツユクサは、ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草です。

湿った場所で多く繁殖がみられ、白や青の可憐な花を咲かせ、繁殖の際は地下茎とは別に地面をように横に伸びていきますが、茎の節の部分からも発根します。

途中で分断されても茎の節から発根した根が、土壌養分を吸収して驚異的な生命力で再生するため、すべて刈り取ったように思っても、根が少しでも残っていると次の年にはまた再生していることがあります。

また、ツユクサは長い期間地中に潜伏し深いところから発芽してくるので、除草剤などの成分がすべてに行き渡らないとすぐに繁殖を開始してしまいます。

農耕地や植樹林に地面を覆いつくすほど大量発生する上、除草剤に耐性(薬剤抵抗性)を持つことがあり、他の雑草は枯れてもツユクサだけは残るくらいなので、なかなか完全駆除は難しいようです。

少しでも、除草剤の効果を有効にしたいのであれば、除草剤に対して耐性がつかないよう同一系統の連続使用(毎回グリサホート系を使用する等)を避けるローテーション散布をお勧めします。

ローテーション撒布で、ツユクサに耐性ができないよう散布回数を少なくして完全に駆除することが大切です。

 

楽天市場:サンフーロン

楽天市場:ザクサ液剤

楽天市場:センコル水和剤

 

楽天市場:ロロックス粒剤

 

 

大きさが違うだけ?「ミドリハカタカラクサ」「オオトキワツユクサ」

「トキワツユクサ」より少し大きい「ミドリハカタカラクサ」、ミドリハカタカラクサより少し大きい「オオトキワツユクサ」よく見分けがつきませんね。

大きさ以外は全く同じ姿ですが、トキワツユクサは種と枝分かれで増えていきますが、オオトキワツユクサやミドリハカタカラクサは、種ができないので、分枝で増えていきます。

 

ツユクサは食べれるが、

ツユクサの蕾は、おひたしや胡麻和え、みそ汁の具、お茶など食用になるそうです。花が咲く前の葉や茎は柔らかく灰汁も少ないので食用に向いているのだとか。もともと薬草として、解毒、解熱、下痢に効果があることは知られています。

また、ツユクサのエキス成分には、糖質や炭水化物の吸収を促す分解酵素の働きを阻害する成分を含んでいるそうで、血糖値の上昇が抑えられるそうです。

一方、トキワツユクサは食べたという話を聞いたことがありません。自己責任でおねがいします。

 

さいごに

日陰の山間にある、小さなお堂の近くでトキワツユクサを発見しました。

周りは昼間でも暗く何とも不気味な感じで化け物が出そうで少しジメジメしているようなところです。こんな感じの ↓ 場所です。

日光は当たることはないので、白い小さな花がとても綺麗で明るく見えたのが印象的でした。花を見ていると、日陰で誰も見ていなくても前向きに明るく、そして力づよい姿に生命力を感じます。花言葉の「尊敬」も何となくわかります。

 

以前、このトキワツユクサが大量に増えてしまい、もともと地域にあるシダ植物を滅ぼすかもしれないということで、ボランティアを募りトキワツユクサの除去作業を行ったことがありました。

その後の調べで、このトキワツユクサの自生が珍しく学術的に価値があることを知り、保護されたというニュースがありました。

駆除しようとしているツユクサは、もしかすると珍しい価値があるものかも知れません。

-雑草の除草、草刈り、草むしり
-,

関連記事

巷でいわれている楽な雑草駆除方法について

キレイな庭を保ちたいが為に何度も草むしりをしていませんか?私はしています。(-_-;) 夏の暑い中、大汗をかきながら、虫に刺されたり、雑草でかぶれたり、時にはヘビなどに遭遇したりそんな思いをしながらや …

酢漿草 (かたばみ)について少し語ってみた

生態について 黄色く可愛い花ですが残念なことに雑草扱いされています。 明るい場所を好み天気の悪い日や夕方になるとハート型の葉を閉じ朝また開きます。 春から初夏にかけて咲き道端や空き地、畑、庭などで、ご …

【ナガミヒナゲシ】ヤバイ花ではないですが、外来特定種です。

ケシ科の植物と聞くと、こんな植物で違法薬物が作れるんだろうか?と想像してしまいますが作れないそうです。 私が小さいころはナガミヒナゲシはなかったと思います。どのようにして着実にふえていったのでしょうか …

mowing001

草刈りは疲れるし暑いし面倒。一番楽な方法はこれ!

雑草は放っておいたら、どんどん生え増えていきます。 何とかしたいと思っても、 自力で草刈りするは大変で面倒。 せっかくの休日が草刈りで終わるなんて… 家事や育児で草刈りまで手が回らない。 忙しくて草刈 …

ツユクサを駆除するための除草剤ならこれを使え!

ツユクサの花はかわいらしく咲き、古くは万葉集で月草(ツキクサ)とも呼ばれていました。 しかし強靭な繁殖力を持っており、刈っても刈っても、次から次へと生えてきて切りがありません。 土を掘り下げ、細かい根 …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT