ドクダミ駆除の厳選おすすめ方法と健康に良いドクダミ茶

投稿日:2020年11月4日 更新日:

ドクダミ(蕺草)は多年生の植物で、毒はありません。

4月ころから芽を出し、6月ころから何とも臭いニオイを放ちます。また、酸性に傾いた栄養価の低い土壌で繁殖し、繁殖力が強く群生し、地下茎を完全に取り除かないと、また再生します。

ドクダミの特徴

ドクダミの花

半日陰の場所を好み、6~8月にかけて茎が成長し花のような4枚の葉が白く変化した苞葉(ほうよう)と、円柱状の黄色い花序をつけます。
地下茎で増え、根まで取り切らない限り、春になるとまた再び生えてしまいます。繁殖力旺盛な駆除が難しい植物で、根からアレロパシー物質を放出するため、他の植物の成長を阻害してしまい群生するのでかなり厄介です。

大量に群生して独特な悪臭をプンプン発せられると、体に良いからといわれても、たまりません。デカノイルアセトアルデヒドやクエルシトリン、イソクエルシトリンという成分が臭いの主な原因です。中国では、魚が腐敗するような臭いということで「魚せい草」ともよばれています。

 

ドクダミ駆除の厳選おすすめ方法

ドクダミを草刈りや駆除した経験がある方ならわかるかと思いますが、手作業による完全な駆除は、まずムリです。
どうしても土中に小さな根が残っているようで、また春になると生えてきます。
業者にお願いして根こそぎ土ごと根っこをさらってもらい、新しい土を入れるのであれば、別ですが、大掛かりでかなりの金額になります。
金額を考えると、「ちょっと、そこまでは‥‥」と思ってしまいます。
ということで、素人でも簡単に安く労力がかからず、効果が期待できるドクダミ駆除方法をご紹介します。

・除草剤を撒く

一番ポピュラーで楽な方法です。葉から入って根まで枯らすタイプの除草剤がよいです。広範囲なら使用方法通りに撒きますが、限られた範囲であれば希釈タイプの原液を他の植物に触れないように刷毛等でぺたぺた塗ると、約2週間ほどでかなり枯れます。元気な奴には再度塗ります。(周りの植物には、かからず枯れません)

グリホサート系の除草剤などで根から枯らすことが出来ますが、雨などで効力が弱くなるので年に数回は、散布した方が良いです。
顆粒タイプの除草剤はドクダミが芽吹く前に撒き、土に染み込ませておくと持続効果が長くなります。

・防草シート

作業に手間が掛かります。面積にもよりますが、金額もそこそこかかります。ただ、確実に効果があります。見栄えが悪くなりますが。

・土をアルカリ性にする

ドクダミが成長する土壌環境は、酸性になっています。

石灰資材「苦土石灰」「消石灰」「有機石灰」や土壌改良資材・堆肥「バーク堆肥」「腐葉土」などを土に混ぜ、アルカリ性に傾けてやることで、ドクダミの繁殖を抑えることが出来ます。

ただし土壌は、アルカリ性になることでドクダミの勢力は弱まりますが、他の雑草(イネ・キク科など)は生えやすくなります。

 

ドクダミを活用する

ドクダミ活用
ドクダミは、葉、花や茎、根すべてが利用できます。
天ぷら等、加熱して食用として食べることもできます。
お茶・入浴剤・化粧品・虫刺され等に効能があります。 特にどくだみ茶は便秘・冷え性・腰痛・あせもなどの皮膚病や高血圧症、 脳卒中の後遺症に効果があるといわれる薬草です

加熱、乾燥すると独特な臭さの成分の一つ「デカノイルアセトアルデヒド」という高い殺菌力をもつ臭い元の成分は消えてしまいます。

 

ドクダミの効能

10種類の薬効がある漢方薬にも使われている薬草ですが、悪いもの(毒)をよくする⇒「矯(た)める」⇒「毒矯み(ドクダミ)」という説、「毒痛み」が訛ったという説など由来は、はっきりしていません。
食中毒、化膿性皮膚炎、水虫などの皮膚病の外用薬などの多くの細菌を抑えてくれるので、古くから使われてきました。

ドクダミに含まれる主な成分は次の通りです。

クエルシトリン

新陳代謝を高め、解毒作用を強めます。ピーマンにも含まれている苦味成分で、高血圧の抑制や抗うつ作用があります。毛細血管を強化し、血圧を安定化させることでも知られています。

 

マグネシウム

丈夫な骨や歯の形成に必要な栄養素です。腸内に水分を集める作用があり便を柔らかくし、流れやすくする効果があります。また、高血圧を予防する効果や心疾患を予防する効果、生活習慣病の予防・改善効果、精神状態の安定をを保つ効果もあります。

 

カリウム

ナトリウムの排出を促す成分で、カリウムの摂取量を増やすことによって、細胞を正常に保ち、筋肉を正常に保つ効果、むくみ予防・改善効果、血圧を調整する効果、脳卒中の予防、骨密度の増加につながることがわかってきました。

 

ルチン

強い抗酸化作用があり、毛細血管を強く丈夫にして出血性疾患を予防するなどの幅広い効果があります。
「脳卒中」「高血圧」「動脈硬化」「コレステロールの抑制」「歯茎の出血」などを全般的な生活習慣病の予防・改善に効果があります。

 

葉緑素(クロロフィル)

体内に溜まった余分なコレステロールなどを排出してくれる作用があります。血中コレステロール値を下げ、血栓の予防や血圧を下げる作用やデトックス効果、貧血を予防する効果などがあります。

 

フラボノイド

ポリフェノールの一種で、抗酸化作用、デトックス作用、アンチエイジング、ストレス緩和、がん抑制、免疫を整える、毛細血管改善効果、血液サラサラにする効果など様々な利点があります
デトックス作用による美肌効果やダイエット効果、便秘改善、や血圧の安定にも効果があることでも有名です。

 

健康に良いドクダミ茶の作り方


血圧や血液が気になる方、デトックスやダイエットなど健康管理に興味のある方は、ドクダミ茶を飲む習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

ただし、人によっては高カリウム血症や肝機能検査値(GOT , GPT)が上昇することもあるので、注意が必要なので、医師に相談の上服用してください。

 

使用する葉っぱは?

ドクダミ葉

斑点が出たり、変色したものは取り除いたほうがよいです。

花が咲く前の新芽でもいいですが、花が咲いている時期の葉は薬効が高くなるそうです。
葉や茎を綺麗に洗い、水気を切ってざく切りにし、ネットやザル等に入れ陰干しするか、カラ炒りしても良いと思います。


1日の目安として朝晩に10g程度を煎じ、飲むと健康に良いとされています。
もし臭いがきつく飲みづらいのでれば、風呂に入れてみてもいいと思います。

 

ドクダミを煮だす時の注意

ガラス急須
どくだみを煮出すときは、耐熱ガラスの鍋やホーロー鍋(瀬戸引き鍋)を用意しましょう。鉄製のものを使うと、どくだみに含まれているタンニンと反応して黒くなってしまいます。

 

市販のドクダミ茶

ドクダミ茶を試してみたいが、身近にドクダミが生えていない、生えているが衛生的に問題がありそうな方はどうぞ。

 

どくだみの対処法まとめ

除草する際によく、塩や熱湯で駆除しようとするのを目にしますが、雑草の種類にもよりますが、地下茎すべては枯れません。
そもそも土中で、根がどの方向にはっているのか分かりませんし。
除草剤などで、根まで完全に枯らしてしまうか、土壌環境等を変えない限りしばらくするとまた生えてしまいます。
塩は、周辺の植物や雨で流れていった先への影響も気になります。塩分濃度が高いと他の植物(特に稲など)は影響を受け枯れてしまいます。
重曹を使うというのも、完全に根まで枯れきるのかわかりません。
ドクダミ茶を作れる程度で成長をストップできればいいのですが、毎年大量に群生してしまうのであれば、早めの対策がおすすめです。

-雑草の除草、草刈り、草むしり, 食べられる野草

関連記事

【ハルジオン】と【ヒメジオン】見た目とは裏腹になかなか強靭な雑草

ハルジオンは4月~6月頃、ヒメジョオンは5月~8月にかけて咲く北米原産の多年生雑草です。 それぞれ明治大正時代に日本に持ち込まれ現在では全国に分布しています。 強靭な繁殖力を持っており1株に40,00 …

インテリア、ガーデニングでも人気が高いオリーブの育て方

  オリーブは地中海沿岸が原産で丈夫で育てやすく一年中美しい葉の色が楽しめる常緑樹です。 実を楽しむのであれば、少し配慮が要りますがお部屋でも簡単に育てられ独特の雰囲気も魅力的です。初心者で …

「要注意外来生物」トキワツユクサ:白くて小さくキレイだけど駆除する

南アメリカ原産の帰化植物で昭和の初期に渡来しました。常緑の多年草で「ノハカタカラクサ」という別名もあります。 花は初夏の5月ころ~夏の8月に咲き、やや湿った陰になる場所や水辺などに生えています。 繁殖 …

緑肥としてヘアリーベッチ・ウインターベッチ(ナヨクサフジ)

ナヨクサフジ(弱草藤)は飼料用作物、牧草として、明治時代に人間の都合でヨーロッパより 持ち込まれました。 現在は全国に野生で分布しています。私の幼いころにはこの草はなかったように思います。蔓性で絡んだ …

solidagoaureus0

セイタカアワダチソウは土壌を酸性化すると駆除に有効

  セイタカアワダチソウは、複数年生存できる多年草のキク科アキノキリンソウ属の植物。 アメリカではゴールデンロッドと呼ばれており、明治時代に蜂蜜の原料、観賞用として持ち込まれました。 第2次 …

プロフ

 

爆散社畜

四国に住む兼業農家の跡取り息子です。

幼少期から嫌々家業(農業)の手伝いをさせらて、知らぬ間に野菜や穀物、花卉などの育て方を叩き込まれました。

40代になり改めて植物の美しさやすばらしさ、力強さを認識しています。

素敵なお部屋づくりのお手伝い。観葉植物のMAKIMO PLANT